ワイのなろうを評価してクレメンス – 速報トピッピ

ワイのなろうを評価してクレメンス

1 :2018/10/23(火)20:43:07 ID:Ojf(主)

Title:満員電車好きなワイが満員電車しか移動手段のない世界に飛ばされてしまったよ。

Prologue:
ミッチミチなのに、そこにもうヒト塊入ってくる感じやな。まぁワイジ車なんやが満員電車のほうが好きやでスリルあって。

ニキ達も是非一度やってみるとええで。生命の、魂の温もりを感じる。あぁ、生きているんやなぁと射精しそうになる。

都内で最も手軽にできる極上のスリルやぞ。見ず知らずの人間と触れあい、それは周りすべてが死体であったら絶対に感じようもない命の鼓動や。まるで母親の胎内やな。至上のエクスタシー。

痴漢は12歳のときに一回されたっきりやが、満員電車はごく一部の祭りにしか見られないような高次元での命の共有や。それはシャーマニズムを遥かに超越し、質量がエネルギーであるという論理物理学的価値観を極めて文化人類学に近い観点から再現する。
あぁ、私は生きている。この世界を、「わたし=せかい」を成り立たせうるような、生存のためにクオリアを【理解】せんとした私の大脳新皮質が‼そう‼語りかけているのだということを強く暴力的に実感させるのだ!

ヒト!ヒト‼人がいる!ワタシが理解できるような自我を持った存在がこんなにも‼普段は隠れていて全く気が付かなかったよ!ほら!おいで!愛しい人よ!我らヒト、同じ航路を進まむと今強大なるハコにともに乗せん!密にその肢体を交え新たなるフロンティアへと!

どうやなろう嫌いな兄貴たちわかるで。これくらい書けんとな。なろうは幼稚や

37 :2018/10/23(火)21:33:17 ID:Ojf(主)

以上一巻終わり。

43 :2018/10/23(火)21:36:36 ID:Ojf(主)

感想をどうぞ

6 :2018/10/23(火)20:54:43 ID:Ojf(主)

満員電車。
ミッチミチなのに、そこにもうヒト塊入ってくる感じやな。まぁワイジ車なんやが満員電車のほうが好きやでスリルあって。

ニキ達も是非一度やってみるとええで。生命の、魂の温もりを感じる。あぁ、生きているんやなぁと射精しそうになる。

都内で最も手軽にできる極上のスリルやぞ。見ず知らずの人間と触れあい、それは周りすべてが死体であったら絶対に感じようもない命の鼓動や。まるで母親の胎内やな。至上のエクスタシー。

痴漢は12歳のときに一回されたっきりやが、満員電車はごく一部の祭りにしか見られないような高次元での命の共有や。それはシャーマニズムを遥かに超越し、質量がエネルギーであるという論理物理学的価値観を極めて文化人類学に近い観点から再現する。
あぁ、私は生きている。この世界を、「わたし=せかい」を成り立たせうるような、生存のためにクオリアを【理解】せんとした私の大脳新皮質が‼そう‼語りかけているのだということを強く暴力的に実感させるのだ!

ヒト!ヒト‼人がいる!ワタシが理解できるような自我を持った存在がこんなにも‼普段は隠れていて全く気が付かなかったよ!ほら!おいで!愛しい人よ!我らヒト、同じ航路を進まむと今強大なるハコにともに乗せん!密にその肢体を交え新たなるフロンティアへと!

どうやなろう嫌いな兄貴たちわかるで。これくらい書けんとな。なろうは幼稚やなほんま

19 :2018/10/23(火)21:09:35 ID:Ojf(主)

急停止によって、慣性の法則に従ったワイの体にかかる見かけ上の力は容易に地面との最大静止摩擦力を超え、シウマイをぶちまけて頭を棒に打ち付けた。

11 :2018/10/23(火)21:02:24 ID:Ojf(主)

そこは見渡す限りの満員電車。
町ゆく人に、半紙をぶちまけて(本業は書道家である)わいはこう言った。

「KITACA使えます?」

35 :2018/10/23(火)21:32:28 ID:Ojf(主)

そう思って?私は?電車を降りた。

29 :2018/10/23(火)21:26:35 ID:Ojf(主)

女ξはヌンチャクに気づきワイの手を取った。

その瞬間、アナウンスが告げる。
「タカオサングチータカオサングチー。トリックアート美術館はこちらでお降りくださいー」

13 :2018/10/23(火)21:04:00 ID:Ojf(主)

「はい?いや、SUICA使えるんだから、PASMOも大丈夫に決まってるのでは?」

どうやら道民は相手にされないらしい

34 :2018/10/23(火)21:31:59 ID:Ojf(主)

満員じゃないなんて。嫌だんだん。

20 :2018/10/23(火)21:10:28 ID:fON

古文みたいで凄いいいよ

24 :2018/10/23(火)21:15:15 ID:Ojf(主)

(有効数字3桁はやめてほしい)3.98×10^(-16)秒後、この列車は満員になった。なんて気持ちがいいのだろう。そして周りにはビキニ姿の女の子が2.345*10^2人も‼正直234.5って書けばよかったと後悔した。

36 :2018/10/23(火)21:32:58 ID:Ojf(主)

ビキニ姿の女の子達は、私についてくるようだ。

22 :2018/10/23(火)21:11:14 ID:Ojf(主)

これはまずいな。多くの生物がワイのシウマイを屠っている。どうやら増殖しているらしい。ああなるほど‼だからこんなにも満員電車なのか!

16 :2018/10/23(火)21:06:16 ID:Ojf(主)

とりあえず腹ごしらえだ。ワイは手に持ったSuicaで、シウマイを買って、ヤパテ線(と呼ばれている)に乗り込んだ。

38 :2018/10/23(火)21:34:53 ID:Ojf(主)

あへ

32 :2018/10/23(火)21:31:20 ID:Ojf(主)

でもそれじゃだめた。戦わないと。

12 :2018/10/23(火)21:03:30 ID:YB2

Titleまで読んだ

良いんじゃないかな

28 :2018/10/23(火)21:24:52 ID:Ojf(主)

「えっ、名前知っているとかとても怖いよ。」
ワイながら正しい反応だ。しかしここは満員電車。逃げられないし、特段逃げるつもりもない。取り敢えず半紙を手頃な誰かのカバンにねじ込み(もちろん墨液は乾いていない)手をどうにか開けた。そこにはヌンチャクが現出する。(ジークンドーも結構行けるのだ)

39 :2018/10/23(火)21:34:57 ID:Ojf(主)

わg

27 :2018/10/23(火)21:21:54 ID:Ojf(主)

「混同屋友明博(こんどうや=ともあきひろ)さん!私達がなにかあなたにお礼をしないと!」そう女の子の内一人(以下、女δとする)はワイに言った。

42 :2018/10/23(火)21:35:14 ID:Ojf(主)

すたsっj

3 :2018/10/23(火)20:53:42 ID:Ojf(主)

満員電車。
ミッチミチなのに、そこにもうヒト塊入ってくる感じやな。まぁワイジ車なんやが満員電車のほうが好きやでスリルあって。

ニキ達も是非一度やってみるとええで。生命の、魂の温もりを感じる。あぁ、生きているんやなぁと射精しそうになる。

都内で最も手軽にできる極上のスリルやぞ。見ず知らずの人間と触れあい、それは周りすべてが死体であったら絶対に感じようもない命の鼓動や。まるで母親の胎内やな。至上のエクスタシー。

痴漢は12歳のときに一回されたっきりやが、満員電車はごく一部の祭りにしか見られないような高次元での命の共有や。それはシャーマニズムを遥かに超越し、質量がエネルギーであるという論理物理学的価値観を極めて文化人類学に近い観点から再現する。
あぁ、私は生きている。この世界を、「わたし=せかい」を成り立たせうるような、生存のためにクオリアを【理解】せんとした私の大脳新皮質が‼そう‼語りかけているのだということを強く暴力的に実感させるのだ!

ヒト!ヒト‼人がいる!ワタシが理解できるような自我を持った存在がこんなにも‼普段は隠れていて全く気が付かなかったよ!ほら!おいで!愛しい人よ!我らヒト、同じ航路を進まむと今強大なるハコにともに乗せん!密にその肢体を交え新たなるフロンティアへと!

どうやなろう嫌いな兄貴たちわかるで。これくらい書けんとな。なろうは幼稚やで

33 :2018/10/23(火)21:31:41 ID:Ojf(主)

嫌だ。

45 :2018/10/23(火)21:41:14 ID:o6K

なんかごめn

21 :2018/10/23(火)21:11:09 ID:F9y

飛ばされた
とか
飛ばされてしまった
でええやん

21 :2018/10/23(火)21:11:09 ID:F9y

飛ばされた
とか
飛ばされてしまった
でええやん

25 :2018/10/23(火)21:18:16 ID:Ojf(主)

女の子達は口々に言う。
「海行きたい。ちょべりば。」
「辛いこの電車。早くタカオサングチについてほしいです」
これは大変だ、助けなければ。そう思ってワイは私の満員電車へのパッションを開放した。以下、開放した半径をrとする。

17 :2018/10/23(火)21:07:15 ID:RoR


7 :2018/10/23(火)20:55:15 ID:Ojf(主)

そんなわいが今日も満員電車をハシゴしていると

8 :2018/10/23(火)20:57:40 ID:Ojf(主)

そんなわいが今日も満員電車をハシゴしていると、ある瞬間、今までに無いほどの圧が押し寄せ、

大量の命という煌きが?

ワイを中心に

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です